新潟市のマッサージ・鍼灸・整体の本多マッサージ鍼灸院のスタッフ紹介


新潟のマッサージ・鍼灸 本多マッサージ鍼灸院 > スタッフ

ご案内

ごあいさつ


院長 本多

初めまして、新潟駅南口の近くでマッサージ・鍼灸治療を行っています本多マッサージ鍼灸院の本多です。

当院はマッサージ治療や鍼灸治療をただ提供するだけの治療院ではなく「患者さんに来て良かったと笑顔と幸せを与えるマッサージ鍼灸院作り」を目指しています。

下記に私の思い・マッサージ・鍼灸に対するこだわりを記載いたしました。お読みください。


当院のこだわり その1 「筋肉を的確にほぐすこと!」

脳からの指令は運動神経で随意筋に伝わり、骨格に付着したその筋肉の収縮によって関節が曲がったり伸びたり姿勢を変化させて人は運動ができます。
筋肉が疲労し強張ってしまうと関節の動きがスムーズでなくなり、姿勢も歪んでしまいます。

またその逆に苦しい姿勢や同じ姿勢を続けていると、血行不良などによって筋肉は凝りを生じたり強張ってしまいます。
凝りや強張りは筋肉の異常な状態なので、知覚神経で脳に痛みとして伝わります。
歪んだ姿勢の骨格や関節に着目して施術するのが、カイロプラクティスや矯正整体です。

当院ではマッサージや鍼灸施術によって血行を改善し、筋肉の凝りや強張りをほぐして痛みを取り、歪んだ姿勢も矯正します。
筋肉が強張ったままでは、骨格を矯正してもすぐにリバウンドしてしまうでしょう。
当院は強張ったり凝ったりした筋肉をほぐすことにこだわります。

当院のこだわり その2 「東洋医学のツボ」

よそで「マッサージや整体を受けても凝りが取れなかった」とか、「その場限りですぐリバウンドしてしまった」という患者さんの言葉を聞くことがあります。

当院のマッサージは他院に比べやや強いので、凝りに術指が当たると慣れた方は痛気持ちよく感じますが、慣れないと驚いてしまうかもしれません。

しかし、強く揉むだけでは痛いだけで筋肉はほぐれないのです。
当院ではマッサージ鍼灸施術ともに確実に凝りをさぐって施術することと、東洋医学的なツボも使うことにこだわります。
東洋医学では肘から先と、膝より下に重要なツボが多くあります。
ツボをうまく使うと離れた凝りがゆるんだり、リバウンドも防ぐことができます。

凝った部分だけのマッサージより全身マッサージの方が効果があるのはそのためです。
当院の施術で東洋医学のツボを実感してみてください。

当院のこだわり その3 「患者さんに合ったケア方法をご一緒に考えること」

マッサージや鍼灸施術で筋肉の凝りや強張りがほぐれても、労働や運動を続けて疲労すれば、また凝りや強張りができてしまいます。

各人にはその人特有の筋肉の質や姿勢の癖、それに生活習慣や職場環境、仕事があります。
それらが変わらない限り、また同じ部位に強張りや凝りを生じます。

当院では、施術後にストレッチ運動の方法や日頃の運動のご相談もお受けします。
施術だけが一番の改善方法とは思っていません。
各人が自分でケアできれば、施術のいらない身体をつくることもできます。

実際にこれまでにも数名の患者が当院長の勧めで、熱心なジム通いを続け生活習慣を改善して柔軟な身体をつくられました。
当院では施術だけでなく患者さんに合ったケア方法をご一緒に考えることにこだわります。

【略歴】
昭和31年 中蒲原郡村松町(現五泉市)に生まれる
昭和63年 東洋鍼灸専門学校(東京都)入学
平成2年 あん摩マッサージ指圧師免許取得
平成3年 東洋鍼灸専門学校卒業
はり師きゅう師免許取得
平成13年 佛教大学文学部仏教学科(京都府)卒業
平成20年 本多マッサージ鍼灸院開業

【人柄】
人柄は院長のブログで日々の思った事を綴っています。院長のブログご覧ください。